北斗晶に感じる魅力とは - Hachibachi