「え。また私脚ない、、?」 益若つばさ、再び脚が消える謎現象に困惑