紆余曲折だったが最後は結びついたうちはサスケサクラ - Hachibachi