岡江久美子の遺骨が夫・大和田獏の元に渡る「もしアビガンをすぐに投与していれば…」 - Hachibachi