「レイプの記憶抱えながら生きていくよりも死にたい」... “安楽死”を申請した17歳の若い少女 - Hachibachi