あの愛くるしかった鈴木亜美はいずこにと思うくらいに劣化してしまった悲しさ - Hachibachi