広末涼子、激太り!芸能界引退するために『37kg』から『〇〇kg』に - Hachibachi

point 300 |

ADVERTISEMENT

point 0 | point 50 | 1

引退するために選んだ方法は”激太り”

 

ADVERTISEMENT

引退を考えるきっかけとなったのが、初めて海外の作品、映画「WASABI」(2001年公開)に主演したこと。

広末さんは、「日本の芸能界のシステムとかを聞かれることが悲しくなった」という。

 

ADVERTISEMENT

また、「30歳では役の幅が広がるけど、10代は妹役。やり尽くした感があった」と当時の心境を振り返った。

 

ADVERTISEMENT

 

広末さんは引退するためにどうしたらいいかを考え、「一生懸命太った」と衝撃の告白。「誰かを傷付けたり、嫌な思いをさせないで仕事がなくなる方法って…」と思案し、出した答えが“太る”ことだったという。

ADVERTISEMENT

 

 

太る方法とは??

 

 

 

その方法は「クッキー、炭酸(飲料)、クッキー、炭酸。ビール、ラーメン、ビール、ラーメン。これがいちばん効きます」と不摂生な食生活をし、それが続くと「自分が重くなっていくから動きたくなくなる」と語った。

ADVERTISEMENT

暴飲暴食を始める前、広末さんの体重は「37キロ」。それが、みるみるうちに「52キロ」まで太ったと告白した。

ADVERTISEMENT

 

できちゃった婚も確信犯!?

 

広末さんは人気絶頂の23歳の頃にできちゃった婚で1度目の結婚をしている。その出来ちゃった婚がなんと、「確信犯」だったのだ。

ADVERTISEMENT

 

それは雑誌『FRaU』(講談社)のインタビューで23歳での最初の結婚について語った言葉だ。

ADVERTISEMENT

 

《正直、確信犯ですよね。出来ちゃった結婚だと言われたけれど、そうじゃないと結婚出来ない状況だった》

当時の彼女は、仕事を辞めたくて仕方がなかったが、結婚が許される環境ではなかったという。

 

ADVERTISEMENT

 

「トップアイドルとして絶大な人気を誇っていた時期で、突然の結婚には驚きました。14歳のデビュー時からずっと清純派、優等生というイメージでしたが、本人は窮屈だった。状況を変えるには強行突破しかないと考えたのでしょう」(芸能プロ関係者)

ADVERTISEMENT

 

http://papipu2ch.blomaga.jp/tag/%E5%BA%83%E6%9C%AB%E6%B6%BC%E5%AD%90

 

ADVERTISEMENT

《私は一度、あの時点でフェードアウトしないと壊れていたと思うし、女優業は続けていられなかったと思う》

広末さんはそう振り返る。この正直な発言に、ネット上では賛否の声があがった。そこで本誌が街頭インタビューに繰り出すと、彼女に同情する女性が多かった。

ADVERTISEMENT

 

「芸能界の恋愛は大変だから仕方がないのかも」(50代)

「世間が作った清楚なイメージと本当の自分の間で葛藤していたのでは。普通に生きたかったんだろうなあ」(20代)

「周囲の雑音は放っておけばいい。身体や心を壊してまで仕事する必要はない」(40代)

ADVERTISEMENT

 

 

 

最後に

20歳の時の芸能界引退のための“太るさ作戦”、そして確信犯だった“できちゃった婚”

ADVERTISEMENT

一般人には考えられない苦悩が、売れっ子芸能人にはあるのかもしれない。