ハイドのこれまでの音楽活動や魅力について - Hachibachi