「クレヨンしんちゃん」の映画はコップ一杯の涙が溢れる名作だった - Hachibachi